になる「ほくろ」簡単除去

治療方法によって 保険治療で治せます

形成外科専門医が
肌質・ほくろの種類に合わせた最適な治療法で
丁寧によりキレイに、ほくろを除去致します。

Before/After

患者様へ

取るだけであれば簡単です。
キレイに、傷跡が目立たないように取ることが重要となります。
ホクロ除去は簡単そうに見えて、奥の深い治療です。
当院では、ほくろの種類、大きさに合わせて、
最適な治療法をご提案しています。
当院ではスキャン機能のついた、
傷がより自然で美しく仕上がるレーザーを用いております。

他院でよくある雑で凹凸した仕上がりにならず、
美しく治すことが可能です。
大切な患者様のたった一つのお顔やお体です。
治療費ももちろんですが、とことんきれいに治すというポリシーで、
やってよかったと思っていただける
クオリティーの高い治療を目指します。

こんなお悩みに

  • 大きなほくろがあって目立っている
  • メイクでも隠せないほくろがある
  • 年々ほくろが増えてきた
  • 小さなほくろがたくさんあって気になる
  • 短時間で治したい

ブリスクリニック 安心のクオリティ

  • point1

    ほくろの種類、大きさに合わせ、様々な選択肢から最適な方法をご提案します。

    経験豊富な形成外科専門医が、カウンセリングを行い、1つ1つ丁寧にほくろを除去し、アフターケアまで担当します。

  • point2

    最新CO₂レーザー(スキャン機能搭載)により、他院では実現できない美しい仕上がり。

    ほくろなどの良性腫瘍の治療に関しては、正常組織を傷つけないこと、除去した後の傷を目立たなく仕上げることが重要です。
    小さいものであればレーザーで深さに注意して除去することによりきれいに治すことができます。大きいものでも場合によってレーザーで治療可能です。

  • point3

    忙しくて仕事が休めない、あまり時間が取れない方でも安心して治療を受けていただけます。

    ほくろ除去は、除去する患部のみの治療になります。メイクをした状態でご帰宅いただけます(目立たない医療用ファンデーションで除去した当日から他人にバレにくい)。
    また施術時間もおよそ5分~15分と短く、忙しい方でも気兼ねなくほくろ除去をお受けいただけます。

  • point4

    痛みなく、一度にたくさん除去できます。

    痛みが苦手な方には麻酔クリームをご用意しています。また、他人に気づかれにくい、きれいな仕上がりのため、一度に複数個まとめてとることが可能です。

気になるほくろは、まず相談を

ほくろは生まれたときはほとんどゼロですが、1年に1つずつくらいのペースで増えていくようです。
急に大きくなるものは悪性も考えられます。
長年あるものも少しずつ大きくなったり、数が増えたりと気になるものです。
気になるほくろは、まず相談をおすすめします。

ほくろついて

ほくろ(黒子)は医学的には「色素性母斑」といわれます。そばかす程度の小さなものから、大きく腫れあがったものまでタイプは様々あります。
大きさはほとんどが5mm以内で、黒褐色や薄茶色が多く、加齢や紫外線などの影響も原因の一つと言われています。

小さなほくろは電気メスやレーザーでほくろ全体を除去します。大きいほくろの場合は切縫法で除去することが一般的です。 かなり大きいほくろの場合は数回に分けて少しずつ切り取り縫い合わせていきます。

ほくろは老若男女かかわらず誰にでもありますが、年齢とともに増加し、場所や数によってはとても気になるものです。 メイクやヘアスタイルでは隠し切れなかったりして、お顔の印象は大きく変わるもので、コンプレックスになったりします。

  • 単純黒子(ほくろ)

    単純黒子(ほくろ)

    大きさも約1~2mm程度と小さいものが多く、メラノサイトが皮膚のごく浅い部分にあってメラニン色素の過剰生成によっておきます。 薄茶色から黒いものまで色も様々で、なかにはシミと判別がつきにくいものもあります。

  • 青色母斑

    青色母斑

    通常のほくろより青みが強いほくろ、またはあざのことで、青みは深いサインです。ほとんどの場合1cm以下の小さいものですが、まれに大きくなることもあります。通常、悪性化することはありませんが、1cm以上の大きなものは、細胞増殖型と呼ばれ、後々悪性化する可能性がありますので要注意です。大きなものがある場合は、早期に専門医の診断を受けてください。

  • 色素性母斑

    色素性母斑

    メラニン色素を持つ母斑細胞が増殖したものです。大きさは大小さまざまで、平らなものもあれば隆起したものもあります。黒、茶色だけでなく、なかには肌色に近いものもあります。ほとんどが良性ですが、急に大きくなったり出血したりするものは、悪性の可能性もありますので、早期に専門医の診断を受けてください。

  • 毛が生えたほくろ

    毛が生えたほくろ

    ほくろはメラニン色素を持つ母斑細胞が増殖したもので、そのため、ほくろのある場所はメラニンの生成が活発で他の毛穴より成長してしまうので毛が生えやすくります。 気になる方も多いようですが、抜くと皮膚の奥に刺激をあたえることになりますのでケアとしては、抜くよりハサミで切る方が良いでしょう。しかし、抜いてもまた生えますし、切っても切っても伸びてきます。ケアが煩わしいという方は、ほくろ自体の除去をおススメします。

ほくろ治療について

悪性を疑うほくろは切除して病理組織検査で良性か悪性を確認できます。その場合の傷跡は切除の線が残りますが、形成外科専門医が丁寧に行います。傷跡を自然できれいにしたい場合はレーザーでの治療をおすすめしています。

切除法

ほくろのある皮膚を切除し縫合する治療法です。
切除法の場合、ほくろは1回で除去できますが、目立たなくなるとは言え細い線状の傷跡が残ります。
大きなものは単純に縫いとじることが難しいため、形成外科的に工夫して閉鎖します(皮弁)。
この治療法はかなり大きなほくろや、悪性を疑って病理検査に提出したいほくろに適しています。

切除法には2通りの方法があります

縫い縮める方法

シワの方向に紡錐形(円柱状でまん中が太く、両端がしだいに細くなる形)になるように切開線をデザインし切除します。
切除後に周囲の皮下剥離を充分に行い、最終的な傷跡がきれいに落ち着くように、皮下と表面を縫合します。表面は細い糸で段差を合わせるのみとし、7日ほどで抜糸をします。

dog earとは・・・

皮膚の腫瘍や瘢痕を切除し縫合する際に、縫合部の両端が山状にふくらむことをdog ear(犬の耳)と言います。
無理に円形に皮膚を切り取り傷を縫合すると、余分な皮膚で両端に円錐が形成されてしまいます。
このdog earを少なくするために、両端に無理なく歪みが出ないように、ほくろの直径を1とすると約3倍の紡錐形の切除が必要となります。

断面図
正面から
皮弁法

大きなほくろを切除する場合に、切除するほくろの周囲に菱形の皮弁をデザインし、ほくろを除去した欠損部分に皮弁を移動し縫合する方法です。 これにより大きな欠損部分も、キレイに閉鎖できます。
この他、形成外科専門医は様々な別のタイプの最適な皮弁法を用い、傷跡が目立たない工夫をします。

施術の流れ

STEP1

局所麻酔を行います。

STEP2

ほくろとその周辺を切除し縫合します。 切除時間はほくろのサイズにもよりますが、30分前後です。患部に専用の保護シールを貼付します。

STEP3

術後7~10日後に抜糸をします。
抜糸後は数カ月茶色のテープで保護するとより一層きれいに治ります。

治療後

傷跡は白く生着するまでに半年かかります。それまでの間、赤い線として固かったり、かゆみがあったり、気になる症状がありますが、徐々に色や固さは落ち着いてきます(成熟)。

CO₂レーザー除去

削るタイプのレーザーを照射しほくろを除去する治療法です。 照射範囲以外に傷が出来ることはなく、傷の治りも早いです。 一度に複数のほくろ除去を希望される方、人に気づかれずほくろ除去を行いたい方におススメです。

当院ではスキャン機能のついた、傷がより美しく仕上がるレーザーを用いております。他院でよくある、雑で凸凹した仕上がりにならず、美しく治すことが可能です。

施術の流れ

STEP1

局所麻酔を行います。

STEP2

患部にレーザーを照射します。 施術時間は約5分程度です。

STEP3

患部に保護シールを貼付、又は目立ちにくい医療用ファンデーションを塗布します(約1週間~)。

治療後

赤みについて

炎症後色素沈着といって、術後一度メラニンによって半年ほど赤黒い時期があります。通常は半年ほどで落ち着いた状態になっていきます。少しでも軽く済むように患部の安静と日焼け予防をしてください。

凹みについて

1ヶ月頃から浅くなってきて、3ヶ月ほどで落ち着いた目立ちにくい状態になっていきます(凹みがどれほど残るか、最終的には半年ほど経過を見ましょう)。

ケロイド・肥厚性瘢痕について

ごくまれに傷が膨らむ変化が見られる方がいらっしゃいます。当院では保険診療も行っており、そのような場合でも治療できます。

注意点
大きなほくろをレーザーで除去した場合、元々の母斑細胞が深くまで存在するため、穴が平らに治りきらないことがあります。(例:青色母斑、鼻先周囲の母斑、他院施術の再発の母斑の場合など)特にほくろから毛が生えている場合は、深追いするとさらに深くなり、穴が目立ってしまうため注意が必要です。

そのため、当院では除去する深さについて、ご希望をお伺いし治療を行っております。
また、レーザーで除去した傷跡(穴)が経過で盛り上がりきらず、気になる凹みが残った場合のバックアップとして、傷跡(穴)を手術で治療することも可能です。

ほくろ除去比較

  切除法 レーザー除去
施術時間 1か所 30分前後 最短、約5分程度
こんな方におススメ ・悪性が心配な場合
・ほくろの大きさが1cm以上の場合
・美しく自然に仕上げたい場合
・比較的小さなほくろ
治療直後 盛り上がった赤い線があります 除去した穴の凹みと、うっすらとした赤みがあります
最終的な傷 白い線になり落ち着きます 全く分からない状態、もしくは分かってもニキビ跡程度に目立ちにくく治ります
アフターケア ・抜糸後、茶色のテープで保護する
・施術後7日~10日後に抜糸が必要
・保護シールの貼付などを術後10日程続けます
・十分な紫外線対策が必要
診療時間
  • 《水・木・土》10:00~18:00
  • 《火・金》12:00~20:00
  • 《日》10:00~13:00
  • 《月》休診日

ご予約・お問い合わせ

0120-051-441
メールでのお問い合わせ・カウンセリング予約

費用について

保険適応できます

症状 料金
切除法
レーザー除去

お支払い方法は、現金の他、各種クレジット(VISA、MASTER、JCB、AMEX、DINERSなど)、医療ローンをご用意しております。

*
診療時間
  • 《水・木・土》10:00~18:00
  • 《火・金》12:00~20:00
  • 《日》10:00~13:00
  • 《月》休診日

ご予約・お問い合わせ

0120-051-441
メールでのお問い合わせ・カウンセリング予約

症例紹介

症例01 切除法(紡錘切除)

*
*

症例02 切除法(皮弁法)

*

症例03 レーザー除去

*
*
*
*
*
診療時間
  • 《水・木・土》10:00~18:00
  • 《火・金》12:00~20:00
  • 《日》10:00~13:00
  • 《月》休診日

ご予約・お問い合わせ

0120-051-441
メールでのお問い合わせ・カウンセリング予約

ほくろ治療Q&A

何回の通院でほくろを取ることができますか?

レーザー除去なら、最短で施術の日の1回だけの通院でも結構です。但し、ご希望に応じアフターフォローは何度でも無料で診察しています。
切除法なら、施術後7~10日後に抜糸に来ていただきます。

ほくろは再発しますか?

ほくろの除去方法で再発率は違います。 レーザーの場合、深さや範囲など、術中にも相談が可能です(大きく除去するほど再発率は下がるが、傷跡が大きくなるため)。切除法はあまり再発の心配はありません。

ほくろを取る時に痛みはありますか?

局所麻酔をする際にチクッとするくらいで後は痛みはありません。但し、ご心配の場合は追加で、事前に麻酔クリームを塗って、さらに痛みをとることもできます。

ほくろ除去後の注意点は?

ほくろ除去後のお肌は傷と同じ状態ですので、ご自宅での簡単な術後処置をお願いしています。レーザー除去の場合、軟こうを塗って穴を乾燥させないようにします。

切除法とレーザー治療、どちらがほくろを取るのに適していますか?

どちらにもメリットはあります。レーザー除去は切るという恐怖がないこと、最終的な仕上がりが目立ちにくいこと。切除去の場合、1回の治療で終了すること、病理が確認できること、取り残しがほとんどないので再発が少ないこと。

カウンセリング当日の治療は可能ですか?

レーザーならほとんどのほくろ治療は当日の治療が可能です。施術そのものは5分程度となり、来院からトータル30分~60分で終わります。

ほくろを除去した痕は目立ちますか?

どの治療法でも全く跡形なく治るということはありません。ただ、レーザー治療の場合はあまり大きなほくろではない限り、かなりキレイに治ります。切除の場合も、しわの線に合わせて傷をデザインするので、除去後、しっかりと時間をかけて十分ケアを行えば目立たなくなります。

顔以外のほくろも除去することができますか?

お顔以外のほくろも除去することは可能です。但し、レーザーを選択する場合は、部位によっては傷跡が残りやすい場合がありますのでお気軽にご相談ください。

診療時間
  • 《水・木・土》10:00~18:00
  • 《火・金》12:00~20:00
  • 《日》10:00~13:00
  • 《月》休診日

ご予約・お問い合わせ

0120-051-441
メールでのお問い合わせ・カウンセリング予約

治療の流れ

01 ご相談、ご予約

お電話(フリーダイヤル)・お問い合わせフォーム・Dr.直通メールにて、ご相談やご予約を承ります。
不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問い合わせ

0120-051-441
メールでのお問い合わせ・カウンセリング予約

02 カウンセリングのご来院

当院では、必ずドクター自ら、患者様の症状やお悩み、ご希望などお伺いしております。
最適な治療法を患者様と一緒に考え、それぞれの利点と欠点についてご説明いたします。
当院では、不要な手術や治療はお勧めしていません。患者様がご希望される治療であっても不必要と思われる場合や、その効果が望ましくない場合は、やらないという選択も含め、最適な選択肢を提案させていただきます。

*

03 治療・施術

施術時間は、5分くらいです。
メイクしたままでも治療は可能です。

救命から美容までの幅広い形成外科的経験を持つ専門医および、熟練したスタッフが施術をおこないます。
最新の設備による、安全で安心して最高の治療、サービスを受けていただけます。
患者様に心から感動していただける仕上がりを目指しています。

*

04 施術後

保護テープのご説明や術後のケアのご説明をいたします。その日の入浴もOKです。

アフターケアについて

当院では、施術後のカウンセリングや定期健診など患者様に安心していただけるよう「きめ細かいアフターケア」を行います。
気になる点などありましたら、お気軽にご相談ください。

*
診療時間
  • 《水・木・土》10:00~18:00
  • 《火・金》12:00~20:00
  • 《日》10:00~13:00
  • 《月》休診日

ご予約・お問い合わせ

0120-051-441
メールでのお問い合わせ・カウンセリング予約

クリニック紹介

ブリスクリニックは・・・

専門医による、公正で親身な美容外来

福岡大学関連施設として、大学医局と連携し、救命から美容まで幅広い形成外科的経験を持つ形成外科専門医が勤務し、患者様に心から感動していただける仕上がりを目指しています。

抗加齢医学専門医によるアンチエイジング外来

抗加齢医学専門医が、見た目のアンチエイジングから、ダイエットや全身の老化に対するアンチエイジングまで、総合的に治療を行います。

肌のスペシャリスト(医学博士)による美容皮膚科

しみ・しわ・肌の若返り治療、外科治療まですべての選択肢を提示することができます。

*
*

院長紹介

*

院長 田尻 豊和

私はこれまで形成外科教授のもと長年研鑽をつみ、大学スタッフとして顔~足先まで、体の表面の見えるすべてのパーツを如何に美しく治すかを追求してまいりました。
これまでの大学関連施設でのキャリアは患者様本位に救命(ER)から美容クリニックの院長などまで幅広く経験をしてまいりました。この経験を生かし、形成外科専門医かつ皮膚外科および肌のスペシャリスト(医学博士)として、多くの方にご満足いただけるよう、あらゆるニーズに最高の技術でお答えするよう心掛けています。
また、当院では特別な空間をご用意し、喜びにあふれる最高のひと時を過ごしていただけるよう、スタッフ全員で取り組んでおります。
自費診療、保険診療も含め親身で誠実な医療をモットーに、皆様に感動を与えるおもてなし・施術を追及し誠心誠意対応いたします。
一期一会の出会いを大切に、皆様に信頼される最高水準のサービスを提供したいと考えています。ぜひ私たちにお任せ下さい。

経歴

福岡県立筑紫丘高校
国立琉球大学医学部医学科卒業
公立学校共済組合九州中央病院にて臨床研修
福岡大学形成外科へ入局
福岡大学病院形成外科勤務
福岡大学病院救命センター外傷担当班(ER)
浜田医療センター形成外科部長代理(島根)
済生会下関総合病院形成外科(山口)
大道中央病院形成外科・美容外科部長・クリニック院長(沖縄)
美クリニックハウステンボス美容外科・美容皮膚科院長(長崎)
臨床の傍ら福岡大学形成外科の大学院博士課程に所属し創傷治癒の研究

得意施術・手術分野

施術-各種抗加齢注射、シミの相談・治療
手術-上下まぶたのたるみ改善の他、形成外科で培った技術で仕上がりの美しさにこだわります。

資格など

医学博士(課程博士)
日本形成外科学会専門医
日本抗加齢医学会専門医
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
ボトックス認定医

クリニック案内

所在地

〒810-0005
福岡市中央区清川1-9-20テングッド渡辺通3F

FAX

092-791-1411

診療時間 詳しくはこちら
*

フォトギャラリー

*
*
*
*
*
*

アクセス

  • 西鉄バス渡辺通1丁目バス停より徒歩約1分
  • 西鉄電車薬院駅より徒歩約8分
  • 地下鉄渡辺通駅より徒歩約4分

博多駅よりお越しの方

博多口にて、バス停から1分おきに発車する薬院方面のバスに乗車し(ほぼ全てのバス)、約5分でクリニック最寄りの「柳橋」バス停に到着します。

天神よりお越しの方

天神の「博多大丸前」バス停から渡辺通を南下(直進)するバスにお乗りください。約5分でクリニック最寄りの「渡辺通1丁目」バス停に到着します。

ブリスクリニック ホームーページはこちら
診療時間
  • 《水・木・土》10:00~18:00
  • 《火・金》12:00~20:00
  • 《日》10:00~13:00
  • 《月》休診日

ご予約・お問い合わせ

0120-051-441
メールでのお問い合わせ・カウンセリング予約